三橋病院|千葉県習志野市|精神科|精神保健福祉|作業療法|訪問介護|グループホーム

 

グループホーム

 

あかしあ(共同生活援助)

あかしあ(共同生活援助)
 
「あかしあ」は、地域で「少し」の援助があれば生活ができる精神障害の方を対象とした共同生活援助(グループホーム)です。
※グループホームは障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの共同生活援助事業になります。
 

指針

指針
 
あかしあでは法人理念「和」をもとに以下の3点を指針として掲げます。
 
・利用者の個々のニーズを理解し、自立のための支援をします。
 
・地域で安心・安全に生活できる場の提供に努めます。
 
・お互いを尊重し、思いやりのもてる場とします。
 

あかしあの特色

あかしあの特色
 
2020年5月現在、あかしあには以下の5つのグループホームがあります
①あかしあ(4室,最寄り駅:京成大久保駅)
②ほほえみⅠ(4室,最寄り駅:京成実籾駅)
③ほほえみⅡ(4室,最寄り駅:京成実籾駅)
④ほほえみⅢ(3室,最寄り駅:京成実籾駅)
⑤ほほえみⅴ(5室,最寄り駅:京成実籾駅)
 
定員:20名(性別は問いません)
 
居室:居室は全部屋、アパート1室(1K)となります。
 ※部屋、台所、風呂、トイレはすべて個人での使用となります。
 
食事:365日の夕食(1食450円)を提供しています。また、流しそうめんやクリスマスなど行事食を大切にしています。
 
お茶会(利用者交流会):入居されている方の交流促進のために毎日30分程度共有室を開放しています。
 
ほほえみの会(利用者会議;月1回):利用者で集まり、情報共有をしたり、イベントの企画等を行っています。また、この時間を利用して避難訓練等も行っています。
 
※夜間(19:00~翌9:00)は電話対応のみで、夜間は職員がおりません。
 

入居対象者について

入居対象者について
 
下記にあるような方が入居対象者になります。
 
・日中に活動する場所のある方
 
・少しの援助があれば地域で生活できる方
 
日常生活を維持するための収入がある方
 
・基本的に金銭管理ができる方
 

支援内容

支援内容
 
・利用者と個別支援計画を立て、具体的な生活の目標を考えます。
 
・個別支援計画に応じて買い物補助や清掃補助等必要な支援を行います。
 
共同活動として新年会、納涼会、避難訓練等を行っています。
 
 

あかしあ外観・共有ルーム

あかしあ外観・共有ルーム
 
 
 

入居までの流れ

入居までの流れ
 
①入居相談(電話・来所)
 
②見学・面接
通院先や通所先からの紹介状をお願いしています。
 
③障害福祉サービス利用申請
グループホームを利用するためにお住いの市役所にて利用手続きを行っていただきます。
 
④体験宿泊
体験には食事代(450円)、寝具代(200円)がかかります。1泊2日から2週間程度の範囲で相談して通常2~3回程度お願いしています。
 
⑤入居判定会議
 
⑥正式入居
 
 

入居募集

入居募集
 
 
現在は“2室”の空きがあります。
 
入居を希望される方は下記の内容についてよく理解したうえで、お問い合わせまでご連絡ください。
 
【受け入れにあたって】
入居希望者と周りの方に2週間以内に発熱等感染症状がないこと。
不要不急の外出を控えていた、と確認が取れること。
  上記事項が確認できた場合は受け入れ検討可能です。
 
※見学、体験入居及び入居後の2週間程度は他の利用者との接触を避ける事を原則としているため、限定的な受け入れ、サービスの提供となります。
 ご理解、ご了承いただける方のみのお受入れとさせていただきます。
 
検温等のチェック表がございますので、下記からダウンロードしてご利用ください。
ダウンロードできない場合はお気軽にご連絡ください。
また、お問い合わせをいただいた段階で受付を既に終了している場合があります。
予めご了承ください。
 

お問い合わせ

お問い合わせ
 
医療法人社団 和康会 あかしあ
 
          担当 西田
 
〒275-0002 千葉県習志野市実籾2-21-1
TEL&FAX 047-409-1344
<<医療法人社団和康会 三橋病院>> 〒275-0002 千葉県習志野市実籾2-21-1 TEL:047-472-8121 FAX:047-477-5157